FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温度の感じ方

今日は、ギプスを巻いての治療(約2ヶ月間)後の
毎日のことを書きますね。

前のお話を読む

装具の力をかりて、
起立台のリハビリの時のみ装具をつけ、車椅子生活。

私の左足はギプスを外した後も
何かに直接触れること、すれることに
やっぱり慣れてくれず。
ベットのシーツ、掛けるお布団を嫌がっていました。
太ももの下にクッションを置き
左足を宙に浮かす姿の私。

シーツがダメならふわふわしたタオルはどうか
と考え、母にザラザラしたしたタオルではなく
折り目のできるだけすくないタオルを探してもらい
ベットに敷きました。
寝ているときに一瞬でもタオルに触れても
感じ方痛みが緩和できるように安心できるようにと。

左足に直接触れることに痛みを感じていた私は
どうしたらこの左足(この子)は私に
触らしてくれるのだろうと・・

そして、「足浴」というのが始まりました。
私は右足と左足の温度の感じ方に差がとってもありました。

看護士さんが毎朝バケツに私にとって良い温度の
水を入れて病室まで持ってきて下さり
一人で秒をはかりバケツに足を入れます。
洗わず、手でも触らず、バケツに浸けてみました。
気持ち悪い感触。

無理せず焦らずちょっとずつちょっとずつ
数秒でもいいからちょっとずつちょっとずつ。
自信もって自信もって浸けてみよう。
終わると看護士さんに、浸けていられた時間を伝えます。

時には右足もバケツに入ってもらい
左足と一緒にいてもらいました。
仲間にいてもらうと左足は安心するかな
と考えていました。

そして左足の水気をふきとるタオルは
ふわふわタオルで
ちょん、ちょん、ちょん と軽く触れ。

足浴を毎日していくと不思議なことに
左足の温度の感じ方が右足と少しずつ
似てきたような気になりました。
そして、足浴ができる時間も伸びてきていました。
何秒だったのが3、4分へと。
カレンダーへ足浴時間も書き留める日々。

朝のお風呂の日はお風呂場で足浴。
(浴槽に入るお風呂ではなくシャワーです。)
シャワーの水しぶきはまた違う感じ方
左足にとっては刺激が強すぎたようで痛みが
出てしまうので椅子にすわり左足には足浴をしてもらい、
これも時間を計っていました。
「今日はよく浸かっていられたね」と独り言を
左足に言っていたの覚えています。

夜になると日中より熱く熱く焼けるような感じ。

夜お手洗いに行っては、お手洗いの電気をつけるのが
嫌でした。
なぜなら、ギプスをつけている時は左足の様子が
見えませんでしたが
左足の色を見ることが怖かったからです。
真っ青、青紫の色の左足。
涙がいつも出ていました。
「私の左足どうして色違うの」って。
泣くと痛みが出るのに泣いてしまう夜。

左足が熱いョ~
冷やしたいという気持ちが出て私は洗面器に水を
入れ左足をぬらし冷やしたことがありました。
後から看護士さんに伝えると「冷やしたら良くないよ。」と
「でも熱いの・・・」と私。
理由は冷やすのは神経にはよくないからでした。
この時、思い出した事が、捻挫をし会社近くの接骨院で
アイシングをされたときの左足です。
ズキズキした痛みを与えたのが冷やしてしまってから
のことです。
「あの時の治療法は良くなかったの。
今は勝手にしないでしっかりI先生や看護士さんに
聞いてからしなきゃ」と思い直していました。

無理をしないで左足のペースで、
自分の体は一番よく分かっているわたしが守って
あげて、多くのCRPSの患者さんたちを治療してきた
先生たちに協力してもらっていること忘れないで。

続く
スポンサーサイト

theme : こんなことがありました
genre : ブログ

クスクス笑って

私は「元気になって歩けるようになるまで待っていて
元気な私の姿を見るの楽しみにしていて」とお友達に伝え、
入院お見舞いをお断りしていた時、お友達のMちゃんがお手紙と
病気平穏のお守り、そして本を送ってくれました。
(2005年12月のこと)

痛みが少ない時間に
その本を開いて・・・みると

クスクスクスと笑い
そうそうそうなの!
と共感しながら読めました。
痛い痛い顔をしていた私の顔に笑いが。
Mちゃん、私のこと良くわかってくれて
いたようです。とっても感謝しました。


150life.jpg

私のお気に入りの本
「150cmライフ」です。

私は150cm以下のちっちゃい女の子。
ここに出てくる女の子の様子は私と
良く似ていると思います。

この本から良い事も知恵もしり
学んだことがありました。

私と同じような立場の女の子もいることを知って
なんだかほっとした気分♪♪

theme : みんなに紹介したいこと
genre : ブログ

中秋の名月

meigetsu.jpg
ぽっかり浮かぶお月さま。輝いているね。


すくすく順調に

7月に6匹のメダカがやってきて
日々増やして育てていきたいと
水槽を3つにわけ、一生懸命大切に
お世話をし2ヶ月がたちました。

誰も死んでしまうことなく
今では約20匹ほどまで増えました。
先日、お友達にメダカのことを
話すと、「ほしいほしい」とうれしそうに
言ってくれたので5匹もらって
もらい大事にしてもらっています。

ご飯をあげると皆私のところに
やってきてくれるのでちょっと撮影してみました。
見えるかなたくさんいるの。



medaka20.jpg


寒くなってきているので、今はちっちゃい子たちが
増えてくれませんが、すくすく大きく育ってくれています。

theme : みんなに紹介したいこと
genre : ブログ

体を反らして空を・・・



体を反らして深呼吸、空を眺めています。
日々、いろいろな空の風景
雲のかたち様々。

私にとって至福のひととき。

ギプスと共に・・・

今日はギプス治療の一部をお話しますね。

この頃、手術のことは考えていませんでした。

前のお話を読む

全身麻酔で動かなかった親指が動き、その時に膝まで
ギプスを巻いてもらいました。
私の場合、ギプスを巻き左足の様子をみていく方向で
治療が始まりました。

○足の絵が描かれた用紙
毎日、痛みのある場所、どんな痛みがあるのかをできるだけ
詳しく書きました。I先生に診てもらいたいそういう
気持ちでしっかり書きました。
それを毎日看護士さんに提出。

色鉛筆で色を変えて痛みの表現をできるだけ詳しく書いたこと
覚えています。

この場所は熱く焼ける感じ・・・・赤色
この場所はザワザワする感じ・・・紫色
この場所は冷や冷やする感じ・・・青色

今では、どんな痛みだったか覚えていませんので詳しくはかけません
でもたくさんたくさんいろいろな箇所に細かく書いたことは
覚えています。とにかく不思議な足でした。

○小さなカレンダー帳
毎日の痛みのスコアー(10を一番痛い数字とします。)
その日特に変わったことをした時は、その内容も書きます。

毎日痛い数字ばかり、治療を続け良い日には4くらいのスコアーにまで
書ける日があったと思います。
不思議なことは、夜7時くらいになると痛みのスコアーが上がり
女の子にだけある生理の1週間前の日は異常に左足が熱く熱くなりました。
その女の子の日の1週間前は微熱37度ほどでます
イライラ、興奮が足の神経にも通じて感じているようでした。

こうして与えられたカレンダーに毎日のことを書くと、
どういう時に痛みが出るのか自分で確認ができ、
今から思うととっても良かったと思います。
このカレンダーは手術をしてもらうかどうかを決めさせてくれた一つです。

○毎朝の点滴(ノイロトロピン)とその他のお薬
腕には穴だらけで青や紫の跡があったの覚えています。
私の腕はうまく点滴が入らない状況が続き、手術をする可能性のことも考え
後には点滴を停止し飲み薬となりました。
お薬は、眠剤や痛み止め、精神安定剤、末梢神経改善薬、
ビタミン剤、胃薬などです。
去年の5月からちょっとずつちょっとずつ減り
今ではお薬が一つ(メチコバール)と胃薬になりました。
とってもうれしいです。

○ギプス固定と加重

私はまだギプスをつけることができる症状でした。
(痛くてギプスをはめられることができない症状の方もいらっしゃると聞きました。)

車椅子での生活の中、ギブスをつけて少しずつ
足に加重を与えてあげるリハビリ。

このリハビリは起立台にのり、2,3分、斜度を30度程から
始めたような記憶があります。
体重計を左の足の方に置き
理学療法士の先生が側にいて下さり一緒に
どのくらい加重ができているか確認してもらいました。

数分でもいいので本当にちょっとずつちょっとずつ、
痛みがでたらストップ。
「前の日に痛みが少ない次の日は角度や分数を
ちょっと変えて立とう」と
試した日には30分後に痛みがでてしまうことがありました。

その日の夜は痛く痛くなってきた左足を抱きしめ
「ごめんね、またあなたのことしっかり考えていなかった
無理しちゃったね。ごめんね。」と謝っていた私でした。

痛みを呼ばないように次の日はもとの練習方法に戻し
と左足と相談しながらのリハビリ

分数を伸ばすことや角度を上げることに焦らず、
ちょっとずつちょっとずつ毎日続けられること
痛みを増やさないことを自分に言い聞かして
このリハビリを続けました。

ギプスをつけてもらった約3週間後、
全く歩けない、足に加重をしっかり
与えてあげていないので足が細くなっていきました。
痛みも増すことがわかり、看護師さんに伝えると
「ギプスが緩くなってきてるからかもしれないね。
同じ症状を言う患者さんもいたよ。先生にギプスを
巻き替えてもらう?」とおっしゃって下さり
私は「はい」と。お願いしました。
そして全身麻酔でギプスの巻き替えも行って
もらいました。
私の左足はギプスでしっかり囲まれていることに
より安心感が保たれていたのかもしれません。

続く

緑あふれて


夕日さし緑あふれる場所。心も体も癒してあげます。

こっちこっち



この風見鶏はとっても強くて頑丈。
風が吹いても向きがかわらないです。
いつも同じ方向を指してくれます。


通信講座から・・・

私は、左足の手術をしてもらって
松葉杖を使って歩けるようになったら
退院と決めていました。

退院をする前、これから先、どんな生活を
実家で送ろうかと考えていました。

そこで出会ったのが、通信教育でした。

週に数回の通院とリハビリ、そして通信教育からの
お勉強。これで退屈せず楽しめる。

痛みがある時は、無理せずお休みができる。

自分のペースで毎月の課題をやりこなし
宿題の提出期限に間に合うようにする。

病院やリハビリ以外のことを生活の中で取り入れ
少しでも社会の中に戻れる自分でいたい。

こういうことを考えて、アルクの通信講座を6ヶ月間
受講しました。これは2006年2月のことです。

実家に教材がたくさん届き、一体何から始めたらいいのか
ワクワクしました。

痛みと薬の副作用の眠けがある時は頭がさえていないので
様子をみて、集中してベットの上や居間で1時間勉強をしていました。
これで左足がどんな時に痛むのかも、確認でき無理せず
コントロールできる自分がいたような気がします。

毎月、自分の書いたもの、テストの評価が
添削されて返ってくるのが楽しみでした。

郵便受けのところへ行っては、
まだ来ない明日くるかな・・・という私。

「ママ~、来た来た結果が来たよ」って玄関先から
母に言ってました。
父には「パパ、見てみて こんなこと先生に
書いてもらってる」と見せていたの覚えています。

6ヶ月の通信講座がきちんと終わり終了証書をもらいました。
とってもうれしかったです。一つのことができ達成感。

この講座関連に引き続き、指導員の資格を
受けました。そして資格証明書カードが今月届きました。

将来に役立つか役立たないかをあまり考えないで
損や得は考えないで、
少しづつ、その時々にできることを行動に移し試してみる
こういう時間の楽しみ方も素晴らしいと
私の左足は教えてくれました。

祈りを捧げて



theme : 伝えたいこと
genre : ブログ

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。