FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギプスと共に・・・

今日はギプス治療の一部をお話しますね。

この頃、手術のことは考えていませんでした。

前のお話を読む

全身麻酔で動かなかった親指が動き、その時に膝まで
ギプスを巻いてもらいました。
私の場合、ギプスを巻き左足の様子をみていく方向で
治療が始まりました。

○足の絵が描かれた用紙
毎日、痛みのある場所、どんな痛みがあるのかをできるだけ
詳しく書きました。I先生に診てもらいたいそういう
気持ちでしっかり書きました。
それを毎日看護士さんに提出。

色鉛筆で色を変えて痛みの表現をできるだけ詳しく書いたこと
覚えています。

この場所は熱く焼ける感じ・・・・赤色
この場所はザワザワする感じ・・・紫色
この場所は冷や冷やする感じ・・・青色

今では、どんな痛みだったか覚えていませんので詳しくはかけません
でもたくさんたくさんいろいろな箇所に細かく書いたことは
覚えています。とにかく不思議な足でした。

○小さなカレンダー帳
毎日の痛みのスコアー(10を一番痛い数字とします。)
その日特に変わったことをした時は、その内容も書きます。

毎日痛い数字ばかり、治療を続け良い日には4くらいのスコアーにまで
書ける日があったと思います。
不思議なことは、夜7時くらいになると痛みのスコアーが上がり
女の子にだけある生理の1週間前の日は異常に左足が熱く熱くなりました。
その女の子の日の1週間前は微熱37度ほどでます
イライラ、興奮が足の神経にも通じて感じているようでした。

こうして与えられたカレンダーに毎日のことを書くと、
どういう時に痛みが出るのか自分で確認ができ、
今から思うととっても良かったと思います。
このカレンダーは手術をしてもらうかどうかを決めさせてくれた一つです。

○毎朝の点滴(ノイロトロピン)とその他のお薬
腕には穴だらけで青や紫の跡があったの覚えています。
私の腕はうまく点滴が入らない状況が続き、手術をする可能性のことも考え
後には点滴を停止し飲み薬となりました。
お薬は、眠剤や痛み止め、精神安定剤、末梢神経改善薬、
ビタミン剤、胃薬などです。
去年の5月からちょっとずつちょっとずつ減り
今ではお薬が一つ(メチコバール)と胃薬になりました。
とってもうれしいです。

○ギプス固定と加重

私はまだギプスをつけることができる症状でした。
(痛くてギプスをはめられることができない症状の方もいらっしゃると聞きました。)

車椅子での生活の中、ギブスをつけて少しずつ
足に加重を与えてあげるリハビリ。

このリハビリは起立台にのり、2,3分、斜度を30度程から
始めたような記憶があります。
体重計を左の足の方に置き
理学療法士の先生が側にいて下さり一緒に
どのくらい加重ができているか確認してもらいました。

数分でもいいので本当にちょっとずつちょっとずつ、
痛みがでたらストップ。
「前の日に痛みが少ない次の日は角度や分数を
ちょっと変えて立とう」と
試した日には30分後に痛みがでてしまうことがありました。

その日の夜は痛く痛くなってきた左足を抱きしめ
「ごめんね、またあなたのことしっかり考えていなかった
無理しちゃったね。ごめんね。」と謝っていた私でした。

痛みを呼ばないように次の日はもとの練習方法に戻し
と左足と相談しながらのリハビリ

分数を伸ばすことや角度を上げることに焦らず、
ちょっとずつちょっとずつ毎日続けられること
痛みを増やさないことを自分に言い聞かして
このリハビリを続けました。

ギプスをつけてもらった約3週間後、
全く歩けない、足に加重をしっかり
与えてあげていないので足が細くなっていきました。
痛みも増すことがわかり、看護師さんに伝えると
「ギプスが緩くなってきてるからかもしれないね。
同じ症状を言う患者さんもいたよ。先生にギプスを
巻き替えてもらう?」とおっしゃって下さり
私は「はい」と。お願いしました。
そして全身麻酔でギプスの巻き替えも行って
もらいました。
私の左足はギプスでしっかり囲まれていることに
より安心感が保たれていたのかもしれません。

続く
スポンサーサイト

comment

Secret

カテゴリー
最近の記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
月別アーカイブ
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

最近のコメント
最近のトラックバック
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。